家庭でスラックス(スーツのズボン)をアイロンする正しい方法

家庭でスラックスにアイロンをかける【正しい方法】

家庭でスラックス(スーツのズボン)にアイロンをかける方法

下準備

スラックスに使用されている素材は様々ですが
洗えるスラックス(ウォッシャブル・タイプ)に使用されている素材は
主に、ポリエステルやウールが多いようです。

 

ポリエステルは耐久性に優れている素材ですが
熱に弱いため、あて布なしでアイロンをかけると
テカリがでてしまうデメリットがあります。

 

そのため、ウォッシャブルタイプのスーツのズボンを
アイロンがけするときにはあて布を事前に用意しておきましょう。
※あて布は綿(コットン100%)の布を使います。

 

 

温度

アイロンの温度は衣類についているアイロンマークの指示に従って下さい。
素材が混合の場合がありますので、素材で判断しないほうがよいでしょう。

 

綿や麻は高温に耐えれる素材ですので、アイロンの温度マークは「高」
となっていると思います。

 

高の温度は180度〜210度です。

 

ウォッシャブルタイプでよく使われる素材が毛やポリエステルです。
熱にはあまり強くないため、アイロンの温度マークは「中」
となっていると思われます。

 

中の温度は140度〜160度です。

 

 

水分

アイロンがけはスチーム(水蒸気)がシワのばしに大変役立ちます。
スチーム機能のないアイロンでしたら、霧吹きを用意しましょう。

 

 

アイロンがけ

アイロンのかける順序はお尻部⇒太もも部⇒スネ部⇒裾部
の順番にかけていきます。
※あて布をしながらアイロンをかけることを忘れずに

 

おしり部

おしり部はアイロン板にすっぽりかぶせるようにして
片面づつアイロンをかけていきます。
これは、片面づつアイロンを掛けないと、シワの原因になるためです。

 

この時、ファスナーにアイロンを当てないように注意して下さい。

 

太ももとスネ部

足の部分のアイロンがけは片足づづアイロンをかけていきます。
その際、腰部から裾の方にアイロンをかけていくようにします。

 

この時、プリーツ(折り目)がしっかり残るように注意して下さい。

 

裾部

裾は裏地の方(内側)からかけていきます。
裾がピンとアイロンがかかっていると、素敵にみえますので
最後まで綺麗にアイロンがけをしましょう。

 

 

>> 洗えるスラックスの販売店一覧へ


ホーム RSS購読 サイトマップ