スラックス(スーツのズボン)を長持ちさせる方法

スラックスを長持ちさせる方法【自宅でできるコツや裏ワザ】

スラックスの長持ちさせる方法

 

スラックスを長持ちさせるには日々のちょっとした手入れで
長持ちさせることが出来ます。

 

こちらでは、スラックスの持ちを良くするための知識を紹介します。

 

 

スラックスを長持ちさせる知識

 

頻繁にクリーニングをしない

 実はクリーニングに頻繁に出しているとスラックスの生地がいたむ原因となります。
 スラックスがくたびれて見えるのは、クリーニングの出し過ぎかもしれません。

 

 クリーニングに出す時は、家庭では落としきれない汚れなどを落とすときに
 出すなどといった基準を儲けておくようにするとよいでしょう。

 

 

スラックスの陰干し

 湿度の高いところで保管しているスラックスはカビや虫が発生しやすいため
 定期的に、湿度を飛ばすために陰干しをすることをおすすめします。

 

 空気が循環している風通しの良い所で干すとよいでしょう。

 

 頻度的には月1回の陰干しが望ましいです。

 

 

スラックスを履き回す

 紳士服売り場の店員さんのセールストークにも出てくるかと思うのですが
 スラックスを購入する時2着とか3着の購入をすすめてきませんか?

 

 その時に店員さんは、「毎日同じスラックスをはき続けると傷みやすくなるので
 連続して履かないためにも数枚スラックスは買われた方がいい」っといった具合ですが

 

 これは、嘘ではなく、連続してスラックスをはき続けると傷んでしまいます。

 

 目安としては、1週間毎日違ったスラックスをはくことを目指してみてください。

 

 このぐらいの頻度ですと、スラックスも随分長持ちすることでしょう。

 

 

ボトムハンバーを活用する

 通常のハンガーに二つ折りをしながらかけてしまうとシワの原因にもなりますし
 型崩れを起こしやすくなります。

 

 そのため、ハンガーに洗濯バサミがついたタイプのハンガーで
 スラックスの裾から吊るすようにして保管するとよいでしょう。

 

 ハンガーにかけているだけで随分シワ対策に貢献してくれます。

 

 

シリコン系の消臭スプレーを使用しない

 シリコン系の素材は人体にも影響があることは有名ですが
 衣類にとっても悪影響があると言われています。

 

 ちょっとした臭い消しのために、シリコン系の消臭剤を
 スーツやスラックスに振りまいては、寿命が縮まってしまいます。

 

 代用としてスチームをかけることで、ニオイ対策を行えますので
 試してみてください。

 

 もし、ポリエステル製のスラックスでしたらあて布をすることをおすすめします。

 

 今、シャンプーでもノンシリコンが人気ですね。
 もちろん、スラックスにとってもシリコンは生地を傷める原因になります。

 

 スチームがすぐにてにはいらない場合は、霧吹きをたっぷりふりかけて
 一晩置くだけでも随分消臭効果がありますので、こちらもお試し下さい。

 

>> 洗えるスラックスの販売店一覧へ


ホーム RSS購読 サイトマップ